活動報告

第23回安房地域母親大会でのワークショップ

2017年12月3日(日)、第23回安房地域母親大会(南房総市)にて、柳真由美ピアノコンサートと5CFMワークショップを開催させて頂きました。 会場の「さざなみホール」には100名を超える御来場があり、ピアノ演奏はジックリと、そしてワークショップは【元気&ハッピー】に楽しんで頂けたものと思います。

 

ワークショップでは、全くの初見の色音符を使い、御来場のお客様が3名によるピアノ連弾を “いきなり” 実現するというミラクルな場面も。  

 

尚、このピアノコンサートとワークショップについては、1948年創刊、房総半島南部の安房地域(館山市、南房総市、鴨川市、鋸南町)をカバーする日刊紙である房日新聞の11月28日朝刊でも御紹介いただきました。 

 

鴨川市ボランティア連絡協議会 平成29年度研修会でのワークショップ

2017年10月6日(金)、鴨川市社会福祉協議会にて開催された 鴨川市ボランティア連絡協議会 平成29年度研修会にお招きいただき、5カラーフィンガーメソッド(5CFM)を使った音楽ワークショップを開催させていただきました。 鴨川市ボランティア連絡協議会は、鴨川市のボランティアグループの情報交換や親睦を図ることを目的とした組織で、この日は60名弱の方にご参加頂きました。


鴨川市の岩田参事のご講演の後、1時間強のワークショップをスタート。 このメソッドの発案の切っ掛け、そして目指す所をご説明し、いつもの通り、お指のウォームアップ体操、そして音楽に乗って足し算・引き算で頭と身体を活性化。10本の指の全てをバランスよく能動的に動かす、というメソッドの趣旨に従い、鍵盤シートを使った運指エクササイズ、そして楽器を使ったアンサンブル・・・と皆さんに実体験していただきました。

色さえ理解できれば、老若男女、誰でも簡単に音楽の演奏が楽しめるメソッドです。今回ご参加頂いた皆さんには、ボランティア活動の中でご活用頂ければ幸いですし、プライベートの時間でも、お孫さん、お子さんと、あるいはお友達と音楽を通して楽しい一時を過ごして貰えると嬉しく思います。

 

鴨川市 総合保険福祉会館 デイサービスでのワークショップ

2017年より、デイサービス御利用のシニアの皆さんの為のワークショップを実施してきました。 シニアの皆さんが、心身の全てのセンサーと10本の指を能動的に使いながら、音楽アンサンブルで知的好奇心を刺激し、脳と身体の活性化による認知症予防を目指すワークショップです。 ワークショップを見学した看護師の方より以下のコメントを頂きました。

「開始から30分で参加者の皆さんの顔色が変わって来るのが分かりました。 血流がアップし、毛細血管が広がるので、血圧も適正に下がってくるものと思います。 姿勢も背中が丸くなっていたのが、指を出す運動で背中が伸びてきていました。リズムへの反応により集中力が増すのも良いことだと思います。」